2018年9月

・米男子ゴルフのプレーオフ最終戦、ツアー選手権は、アトランタのイーストレークGCで開かれ、タイガーウッズが5年ぶりに優勝した。42歳、80勝目の快挙に感動。スキャンダル、怪我、手術を乗り越えての勝利でアッパレ。松山英樹も最終日に奮闘して4位タイまで上昇、復活の方向へ。(9/24)

・大坂なおみが東レ・パンパシフィック・オープン決勝戦で敗れた。今、彼女にはプレッシャーが急激に押し寄せており、少し立ち止まる時間を与えてやりたいような気もする。“大器”には間違いないのだからー。(9/24)

・自民党総裁選が決着した。この結果を学者、評論家、メディアが多面的に分析していてうなずける。国会議員は、現実的に数の論理の中で生き、みんなで渡れば怖くないとの印象を受けるが、主に地方の声を反映した党員・党友は、身近な国民を目の前にしての判断が構築された模様。少なくとも国民の半数程度が安倍政権、“安倍一強”に批判的だということが浮き彫りになった。やはり僕は、勇気ある自民党の小泉進次郎・小渕優子議員らの一石を投じた姿に敬意を表したい。(9/20)

・市内の近代化遺産とその活用について考える講座が近々、開かれるようだ。私も知る、通3丁目の古民家を会場とし、講師は面識のある足利大学准教授。「実践が大切」と、平成8年(1996年)12月に立ち上げた当館だが、こうした活動・実行がいよいよ本格化しそうで喜んでいる。メディアは、地方自治体共通のテーマとなった、古民家活用や空き家問題を大きく取り扱う昨今。(9/13)

・近くの鑁阿寺北側の通りを歩行者天国にして、毎月開かれてきたフリーマーケット「じけんち市」が、12月9日の第250回を最後に、約25年間の歴史に幕を下ろす。運営スタッフの高齢化が主な理由らしい。「高齢者エリア」を最大の特徴とするこの市街地の時流を感じ、寂しさもある。とにかくよく頑張りました、お疲れ様!(9/13)

・日本列島は台風、豪雨、震度7の北海道地震等で大災害を被り、犠牲者多数。電機、ガス、水道等インフラの混乱は人々の生活を窮地に追い込む。一方、この時期、女子テニスの大坂なおみが全米オープンシングルスにおいて破竹の勢いで勝ち進み、優勝した。まさに快挙である。このところ毎日、「悲喜こもごも」の心境が続く。(9/11)

・この8・9月は、当館でのコスプレ受け入れ5周年を記念し、利用者に特製クッキーをプレゼントしている。クッキーは近くの「シトロン・プラニーネ」に依頼した。古民家をみんなで活用・保護してくれ、改めて感謝、感謝。

2018年8月

・スギ、ヒノキは植林してから成木になるまで最低50年、60年を要する。この間の育林作業・経費は莫大で、個人力では極めて困難と判断。今般、所有山林並びに足利の森林・林業の将来を思い、山林関連企業にバトンタッチした内容が地元紙。NPO法人まつむら森林倶楽部の活動拠点は、市街地の所有山林・両崖山(広葉樹林)に移す。(8/30)

・第100回夏の甲子園大会(高校野球)決勝戦は21日(火)に行われ、大阪桐蔭13-2金足農業だった。準決勝までの金足農業の勝ち方が国民に興奮をもたらしたのだが、力尽き、負けても金足よくやった、が大方の国民の声。

・ジャカルタ・アジア大会競泳女子6冠の池江璃花子(18歳)が、最優秀選手(MVP)に選ばれた。2020年東京五輪がますます楽しみ。韓国紙は池江を「日本の女帝」と表現した。

・山口県で2歳の不明男児、山中で無事救出。良かった、良かった。この藤本理稀ちゃんを見つけたのはボランティア・尾畠春夫さんで78歳。本人のコメントがメディアから伝わってくるが、この人の“心”が痛快でスゴイ! それにしても、確かボクシング連盟元会長も78歳だと記憶しているが、同世代として「月と鼈」の生き様。人の偉さを比較するのに、こういうことではないだろうか。地位や権力のみを志向して歩む人の愚かさを改めて解析できた夏。(8/16)

・8月15日は毎年、全国戦没者追悼式。天皇、皇后両陛下の在位中の参列は最後。陛下は「平和な歳月」と「深い反省」を特に強調された。

・8月に入ってからの早朝は、自転車で渡良瀬川河川公園に出向き、ウオーキング、体操、ジョギングなどを楽しむ日が増加している。当館の庭木の手入れがそこそこ進んだこともある。日中はとにかく暑い!

・パンパシ選手権の400メートルメドレーリレーの女子は3位、男子は2位と健闘した。特に男子は、トップ・アメリカと0秒05差と、勝ってもおかしくないほどの善戦だった。テレビに向かって、行け!と叫んでしまった。

・ゴルフ全米プロ選手権の松山英樹は35位に終わる。ケプカが優勝したが、タイガーウッズが猛追して2位―と、本格的復活を思わせるほどの戦いぶりだった。

・水泳のパンパシ選手権で池江璃花子が、競泳女子100メートルバタフライにおいて、日本新記録をマークして金メダルを獲得。この“大物”が順調でますます楽しみ。

・第100回全国高校野球選手権で作新学院は、初戦で大阪桐蔭と激突して敗退。残念だが、なぜか甲子園には目が向き、これから若人らしい激闘がたくさん観戦できると思うとワクワクしてくる。

2018年7月

・あまりの暑さが続く毎日なので、庭木の手入れ、除草、庭掃除などは早朝行っている。命が短くなると睡眠時間も少なくて済みそうで、5時起床、6時頃から2~3時間の作業ペースがおおむね定着。よって夜、9時過ぎになると眠くなってくる。これでいいんだろう。

・加計学園、日大アメフト部、日大本体、ボクシング連盟、日本医科大等、このところ組織のトップ層やその周辺幹部のウミが露呈し続けている。それぞれリーダーの醜い姿が明るみに出ているが、一昨年来、国の政治、行政においても同様の国民的批判を受けており、「これが手本、日本社会の体質だ」とは多くの人々の声。メディアが正しい情報を的確に報道していることが、せめてもの救いか。

・豪雨、猛暑により日本列島は混乱。特に西日本のエリアに犠牲者が多く、何とも悲惨を極める。同情はできても変わることができない。世界的にも異常気象のようで、地球は一体どうなっていくのだろうか。

・ゴルフの松山英樹が振るわない。誰にもスランプはあるものだが、頑張れ!頑張れ! 8月のメジャー、全米プロ選手権に期待。

2018年6月

・10日(日)、卓球の荻村杯ジャパンオープン2018の決勝戦が行われ、男子は張本、女子は伊藤が優勝した。それぞれ世界トップ級の中国選手を競り合いの末打倒しての勝利はアッパレ! 2020年東京五輪が面白くなりそうだが、底力を有する中国を甘く見てはいけないとも思っている。

・国政のうんざり問題。加計学園事務局長の愛媛県への“ウソ疑惑”でさらにうんざり。一連の疑惑騒動を見るに現代では、幕末・明治維新、大正デモクラシー、第2次世界大戦敗戦後などに活躍したような勇気ある政治家・官僚はいないようだ。僕は今や巨大与党の自浄作用に期待しているのだが小泉進次郎議員など少数が時々、正しい発言を放っている程度で寂しい。これでいいのだろうか。

・価値観の多様化。例えば輝く骨董品を単にガラクタ、現代では造り難い貴重な古建築物を単に老朽物、新緑や紅葉が美しい庭木・古木を単に手のかかる雑木等々、これらの見方、扱い方は人によって随分異なる。日本文化、伝統文化、芸術文化、職人文化、木の文化などの観点で捉える人には「宝物」として扱われるが、そうでない人には厄介物として一掃されてしまうことが多い。人々のアンティークに対する認識は近年高まっていると言われるがぜひ、そうあって欲しいもの。

・ポケモンファンが当館周辺の石畳道路に出没するようになってからタバコの吸い殻、空き缶、紙屑などの投げ捨てが多くなった。僕は毎日早朝、茶碗を手にしてここを散歩するのだが、実に見苦しい。マナーが悪い。昼夜を問わず自動車、自転車、歩行などによるスマホ片手の同ファンを目撃するが、交通事故が発生しないかとも心配している。

2018年5月

・関東学生アメフト連盟は29日、例の危険タックル問題に絡む関係者の処分内容を発表した。監督・コーチの除名や選手の出場停止等々により、僕はおおむね「なるほど」―と。

・当館第3回目の「はなうつわ」(花生けと器の展示会)が26日(土)、27日(日)に開かれ、盛況理に終了した。会場はCON展同様、当館をメイン会場とし、他の古民家等含め6会場に拡大された。文化・芸術と経済は課題だが、受益者負担と言える入場料1,500円(前売り券1,000円)でも多くの人々が来館してくれて連日ビックリ。主催者側スタッフの周到な準備の様子が至る所で伺え、作家・作品と同様に立派!

・日大アメフト部の危険タックル問題に愕然。ルールを重んずるスポーツの世界で起こった悲劇である。強者が弱者を虫けらのように扱い、挙句の果てに強者が言い逃れしようとしている様はこの時期、森友・加計・日報問題に絡む政治家・官僚と同様に重なってメディアから伝わってくる。強者のウソが丸出しと感じるが、国の政治・行政がこの手本のように映ってしまうのも残念。(5/25)

・小学生時代に仲良く遊んだ女性同級生が中学校(二中)のクラス同窓会にて来足、懇談(5/21)。3年前から毎年、この時期に同同窓会が開かれその翌日、彼女が来館して談笑する流れとなっている。今回は当館すぐそばのカフェ・あまから家でもう一人、女性同級生も一緒だった。当時は近所に子どもだらけだったので、庭を抱えている我が家では、多くの友達と勉強もせずに毎日のように遊んだ。彼女たちは僕ら小中学生の頃の一端を思い出させてくれてありがたい。だがそのクラスでは男女12名が他界していると聞いてショック。残る同級生みんな、いつまでも元気にいて欲しい。

・小中学生時代からの友人がCON展開催中に夫婦で来訪して懇談、夜は久しぶりに酒も酌み交わした(5/16)。しょっちゅうベタベタ付き合っているわけでもないのに、互いに毎日会っているかのように遠慮ない会話ができるのはなぜだろう。子ども時代の幼稚なプラトニック・ラブストーリーも面白いもの。彼は昔のことをよく覚えていてびっくりもするのだが、同時に僕の記憶も蘇り、コッペ(彼の別名)、ありがたきかな。

・スポーツのほかアート展等、芸術文化の分野においても“心の豊かさ”を感じさせてくれるのだが、どうして政治の分野はこんなに濁っているのだろうか?

・現代アート「CON展」開催中で19日(土)まで。5年ほど前から当館のみで開かれていたCON展は今回、市内9か所を会場として拡大された。初めはCON展構成メンバーが主体的に立ち上げたアート展だったが、今や公共の市立美術館はじめ行政、ボランティア等とうまく連携し、出品作家も50人を超えるほどの行事に発展した。新たな活用古民家も発掘され、僕も嬉しい。昨日(15日)、市街地の会場巡りをしてきたが、いずれも作家の作品・説明が輝きを放ち、ボランティアの接遇など心地よいものだった。

・スウェーデンハルムスタードでの世界卓球団体戦。特に期待された女子は決勝で中国に1―3で敗れた(5日)。ただ、準決勝でコリア(韓国と北朝鮮による南北合同チーム)を石川佳純の大健闘もあって3―0で倒し、決勝でトップの伊藤美誠が激戦の末逆転勝ちしたことには感動。男子も張本智和の一層の成長が期待でき、近い将来、かつての卓球王国日本の復活を願って止まないところ。

・ゲストハウス松香庵のGWは主に女性グループ・家族・ひとり旅の客で賑わった。丸3年が経過し、当庵が知れ渡ってきたのかな?と思わせた。中には男女混合のハイキンググループやアートグループの利用もあり、毎日のように楽しい宿の雰囲気を醸し出してくれた。歓迎と感謝。

・衆参両院の予算委員会は10日、加計学園問題に関して柳瀬元総理秘書官を参考人招致した。与党関係者から柳瀬氏の説明を評価する声が上がった一方で翌11日、愛媛県の中村知事がこの内容に反発して記者会見した結果、世論の大勢は知事のコメントを「真実」と受け止めた模様。2015年4月2日に同県職員と交わした柳瀬秘書官の名刺も公開され、知事発言の「ウソは他人を巻き込むことになる」に同感の人多し。現政権が生き残るのに必死なため昨年来、部下である官僚幹部が次々とウソを上塗りし、墓穴を掘っている姿のようで何とも見苦しい。