2021年3月

・大相撲春場所千秋楽(28日)は、関脇照ノ富士が大関貴景勝を押し出し、12勝3敗で3度目の優勝を決め、大関復帰へ。3度目の殊勲賞も手にした。それにしても、大関から序二段まで落ちた照ノ富士だったが、よくぞ2年で大関に復帰したと感心するばかり。膝を痛めながらも豪快な相撲と根性は立派!

・東京五輪の聖火リレーが28日、福島県に続いて本県が担い、本市でスタートとなったが、鑁阿寺に向かう走者は我が家の前を走行、一隊をキチンとカメラに収めた。大会組織委員会はオンライン記者会見で、足利市内の出発地と到着地周辺で密状態が発生したと指摘したが、特に問題はなさそうだ。そこそこの盛り上がりを見せた。僕にとっては2度目の東京五輪で楽しみ。

・ストックホルムのフィギュアスケート世界選手権が終了(27日)。今回は初出場の男子・鍵山優真(17歳)が健闘して銀メダルを獲得した以外は、羽生結弦をはじめ男女とも日本勢が振るわず、残念だった。北京冬季五輪に期待!

・当館に隣接する貸店舗のテナントが確定し、梁川健人氏と正式契約した(22日、大安)。6~7月頃から若手夫婦の2人3脚をベースとした新店舗になるが、まちおこしの観点からも大いに期待!

・21日まで延長されていた1都3県のコロナ緊急事態宣言は、専門家を中心に心配論が高まる中、ほぼ予定通り解除された。「命と暮らしの両立」からか菅総理の政治的判断だろう。その後、桜の開花に合わせるように、大都市圏を中心にコロナ感染者が増加傾向にあってまた心配へ。ジワジワと広がる変異株も気になるところ。

・和泉市長から、106haまで延焼した足利市山林火災の鎮火が宣言された(15日)。事後の検証が極めて重要。(確定された延焼面積は167ha)

2121年2月

・21日(日)に両崖山(西宮町)から発火した山林火災は、周辺106haの範囲まで延焼してしまったが、鎮圧宣言(3/1)が出てホッとした。実は、僕が所有する両崖山南東側(本城1丁目)の雑木林に飛び火して一部が炎上、また、この裏側にも杉林を所有しているので、現場の近くまで数回、足も運んだ。住宅や人的な被害がなかったことは幸いだった。山林火災の多くが人為的ミスによるものであり、出火原因が気になるところ。

・メルボルンで行われた全豪オープン女子テニスにおいて、大坂なおみが2年ぶり2度目の優勝を果たした(20日)。大坂は1回戦から7試合を勝ちぬいたが、心・技・体の充実を感じさせる素晴らしい出来栄えだった。とりわけ準決勝では、この道第一人者のセリーナ・ウィリアムズ(39歳)に完勝し、世代交代を思わせた。なお、今大会4回戦で大坂が最も苦戦した、元世界ランク1位のガルビネ・ムグルサ(スペイン、27歳)との戦いは、歴史的好ゲームとして忘れることができない。

・五輪組織委員会会長の森喜朗氏が女性蔑視発言とその後の記者会見の内容により、多くの人の怒りを買って結局辞任に追い込まれた。東京オリパラ開催における直近の「人災」が森氏の失言だったと言えよう。元々、女性軽視の言動を取ってきた森氏だが、男女平等色の強い、オリパラ・国際舞台でウッカリ「本音」が出てしまったかもしれない。後任人事も話題性があったが、冬季五輪メダリストの女性、橋本聖子氏が火中の栗を拾う結果となった。

・菅総理大臣の長男などによる、総務省幹部との相当数に及ぶ会食疑惑が浮上した。今度も週刊文春(2/11号)から。総理は、「独立後の親子は別人格」を強調しているが、世間はどう見るか? 安倍総理の昭恵夫人問題、菅総理の正剛長男問題―と、何かが狂っているように思う。それにしても利害関係を有する業者への総務省幹部のブザマな対応には呆れてしまう。

・女子水泳の池江璃花子がジャパンオープン2020の自由形決勝で2位(7日、学生新記録)、東京都オープン2021の100メートルバタフライで3位、また、50メートルバタフライで1位(学生新記録)となって立派。この選手の泳ぎを見ていると、次第に嬉し泣きが始まってしまう。

・コロナ緊急事態宣言が出されていた我が栃木県は、8日(月)に解除された。しかし、他の都府県については継続され、今後も危ぶまれるところであり、注視。

2021年1月

・月末のコロナ状況は一応好転へ。ただ、新規の感染者数は減少傾向にあるが、重症・死亡者数の高止まりや医療体制のひっ迫はまだまだ続いており、予断を許さないところ。緊急事態宣言の2月7日の全面的解除はあり得ないと思われる。

・大相撲1月場所。幕内は意外な大栄翔勇人(27歳)が初優勝を飾った(24日・日)。埼玉県朝霞市出身、追手風部屋。初日から積極的な突き押しスタイルが冴えて上位陣を総なめし、13勝2敗。同時に殊勲賞と技能賞も獲得した。関脇照ノ富士は11勝4敗で技能賞。朝之山と正代はともに11勝4敗、貴景勝は全く振るわずに途中休場。稽古環境に恵まれた追手風部屋の大栄翔とともに十両でも剣翔が優勝したが、相撲界にもコロナの影響ありか。

・全日本卓球選手権女子決勝の石川佳純対伊藤美誠戦は見応えがあった(17日)。世界に躍進するホープ伊藤(20歳)ではあるが、優勝した、27歳のベテラン石川の“試合巧者”を感じさせる絶妙な戦いぶりに僕なりの拍手を送った。この東京五輪代表の2人に、ますますの期待感が高まる。

・新年早々の7日、国のコロナ緊急事態宣言が東京、神奈川等1都3県に再発令されたが、これを追うようにして13日、我が栃木県を含む大阪、京都、福岡等7府県が追加された。僕の身近にもコロナが襲ってきて警戒感が強まる。菅首相は、全国的感染拡大を食い止め、好転させたいとしているのだ―が。

新年のご挨拶

 新年、あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

 昨年は新型コロナでウンザリ、政治でウンザリ、経済でウンザリの年でした。これらは残念ながら現在も継続していると言わざるを得ない状態ですが、回復を切に願わずにはいられません。
 こうした中、昨年暮れのフィギュアスケート・全日本選手権での羽生結弦と紀平梨花の圧巻の演技は、僕たち国民に「生きる力」を与えてくれました。
 今年は1日も早く当館でのアート展、婚礼前撮り・コスプレ撮影、映画・テレビドラマ撮影、各種イベント等の復活、隣接するゲストハウス松香庵の活況などに取り組んでいきたいと、思いを新たにしているところです。
 また、森林を愛好する者としては、NPO法人まつむら森林倶楽部により、本城1丁目の山林(両崖山)での活動を前進させたいと思っています。この入口付近の砂防工事(県事業)も順調に進行しているようですので。
 なお昨年、行政から近隣の「中橋架替え構想」が公表されたことに伴い、長年、当地域が抱える「土地区画整理事業問題」についても、機会を捉えてシフトしてみたいと思っています。
 年頭にあたり、関係皆様のご健康とご多幸を心から祈念いたします。

2020年12月



・地元紙に久し振りの投稿。今般、中橋架替え事業が浮上し、23年前からの経緯をもつ「土地区画整理事業」への思いがよみがえった。
 昔、区画整理の仕事で敏腕を振るった、故・林 敬一郎先輩(建設部長→企画部長)の言葉を思い出す。「マッちゃん、区画整理は私権を制限するので、迅速に完了させるものなんだよ」―と。市はかつて、面積33haの「足利駅前土地区画整理事業」をわずか9年で完了させている。しかも大半の建物移転を伴う大規模なものだった。林先輩の陣頭指揮により成し遂げたものだ。
 我が中央地区は4.2haと小規模かつ道づくりが主体だが、法律決定から15年が経過しても極めてゆっくりペースでとても進行中とは言い難く、市街地活性化にはほど遠い現況。
 僕は「やばい仕事は先送りする」でなければいいのだが―と。市長や担当職員はその仕事を先送りすることによって責任を免れ、次に送られた市長や担当職員が責任を負うことになっている。この責任のバトンタッチも「行政の継続性」の一面。よって、僕たち市民は、遅くとも施工期限の令和11年度までには何としても完了してほしいと願っている。
 それにしても、行政から当地域に対して「いつまでに完了したい」も(例えば)「歴史文化を活かした道づくり事業に政策転換したい」もなく、僕たち市民は闇の中。これが和泉君の判断だとしたら呆れてしまう。ある時期(休止問題)から「市民と行政の協働のまちづくり」が行政の都合により崩れてしまっているだけに心配はつのる。地権者と職員が共に夢を抱き、畳の上で膝を交えて議論した頃が懐かしい。
 「行政不信により、土地区画整理事業反対」―と、いやな予感。


・案の定、中橋付近の方々が怒っての緊急会議(12/21)が開かれたらしい。今の行政は、中橋架替えにより最も影響を受ける方々をないがしろにして進めようとしているのかな―と心配。もし、行政の“無謀運転”だとしたら「住民対応能力」の欠落としか言いようがないのだ―が。何の交渉事でもまず、難関突破が鉄則のはず。市長よ、先頭を切って現場に足を運ばれたい。