2020年9月

・当地域においては行政、政治、経済、まちおこし―と、いずれの分野においてもワクワクするような動きが感じられない昨今であり、心配だ。これ、やはりコロナかなーと思い、いやいや当地域特有の地盤沈下かな―と思いを深める。

・彼岸を過ぎ、猛暑から一転して寒暖差の激しい秋に向かったかなーと、今日この頃。庭木の手入れ、庭掃除は昼間でOKになった。 久しぶりに1泊2日で温泉の湯にもつかって“命の洗濯”は快適!

・大相撲秋場所において、僕がかねてより期待していた正代が見事に優勝してくれた。従来より積極性が増し、常に前に前に踏み込んでいた点が好成績の要因かもしれない。正代は大関に昇進。新入幕の翔猿が大きく健闘して沸かし、“強い朝乃山”は初日からの三連敗が響き、課題を残したが、近々、誰が横綱になっていくかが面白そう。

・4連休の松香庵のお泊りさんは、ご夫婦(2組)、女性グループ、ひとり旅―と続き、久しぶりに活況を呈した。コロナが収束すれば記念館、松香庵とも復活しそう。さらに国民一丸となっての努力の要。

・全米プロゴルフ選手権の松山英樹に期待したが、最終日に崩れてしまい17位に終わった。メジャー大会において、まだまだチャンスはある、と信じたい。

・女子テニスの大坂なおみが全米プロで2度目の優勝。特に心身の充実を感じたが、今回は黒人差別問題を説得力のある言動、コメントで正面から訴え、世界中に影響力を与えたことは立派。僕はこのように、時と場合によっては、広く政治・社会にスポーツ選手が大きく介入することがあっても是認したいと思っている。

・自民党総裁に菅義偉氏が選ばれ、内閣総理大臣に就任して組閣した。コロナ収束、社会経済活動復活、明日の日本を拓く政策等々、どのようにリーダーシップを発揮するかに注視。まず、お手並み拝見というところか。

2020年8月

・8月は猛暑続きなので熱中症を警戒して早朝(5時半頃~8時半頃)、毎日のように庭木の手入れを行ったが、健康、能率の両面から上々。シャワー後の朝食が抜群にうまい。日中は38度前後の日が多く、在宅してエアコン環境を重視した。7月は雨の日が多くて困り、8月は暑い日が多くて困ったが、なかなか丁度いい気候とはないものだなと実感。コロナ、熱中症+台風・豪雨など災害への警戒感も高まる時季へ。

・久し振りに松山英樹がPGA・BMWゴルフ選手権で好試合を展開し、3位に入った。世界トップのD・ジョンソンとツーサムでの勝負は最後まで見ごたえがあったが、日本を代表するゴルファー・松山英樹への期待感が改めて増し、今後にワクワク(月末)。

・大方の予想が的中し、安倍総理が持病の再発を理由として辞任表明の記者会見(28日)。内閣支持率が最低水準―共同通信社の全国電話世論調査(22日~23日)。総理の仕事は激職と認めるが、ここ2~3年の“諸事件”の中には総理個人に関わる問題も多く、その面でもかなりの心労を抱えていたと推測されるのだーが。次の総裁・総理の選出に向け、この“サルと同様の政治集団”の動きが活発化するだろう。

・2度の慶応大病院での検査により、安倍総理の健康不安説が急浮上。安倍総理の在職日数が歴代単独1位(24日)―。次の総理、内閣改造、衆院解散等々の諸説がにわかに高まる。

・河井夫妻の公判が25日(火)に開始されたが、予想通り無罪主張。一定期間において約100人を対象に当選祝い、陣中見舞いとして約3千万円を供与したとか。国民が信じますか? 元法務大臣夫妻様。この“資金”の原資と目される、政党本部からの交付金の出し方にも大いに疑問あり。

・秋元司衆院議員がIR疑惑問題で再逮捕となる。この人、相当の証拠が挙がっているのに「全く知らない」―と、いつもウソを感じさせるコメント報道ばかり(20日)。

2020年7月

・地元紙・両毛新聞の再刊が確定したとのことで安堵。岡部功会長、川島順一社長で新たに8月からスタート。躊躇なく購読の申し込みを行った。地方紙としての特色をさらに発揮してほしいと期待。

・東京はコロナ感染が拡大していると最大警戒へ。中旬から国の観光支援事業「Go To トラベル」の見直し論が全国的に拡散していたが、政府は当初予定を前倒して22日(水)から実施。国家行政として、極めてズサンな内容での見切り発車となって呆れたが、皮肉にも連日、全国的に感染者の増加傾向が続いており、この2週間後がなお心配。

・森友問題自殺訴訟。近畿財務局元職員赤木俊夫氏の妻・雅子さんが「夫が自ら命を絶った原因と経緯を明らかにすることです」と、大阪地裁にて初弁論(7/15)。この森友問題以降、安倍政権の恥部がいくつも露呈し、国民の不信感が高まりを見せている。善人から悪人に変身してしまった総理なのか、もともと悪人だった総理なのか―と。長期政権の歪みであってはならない―が。

・河井夫妻の起訴報道に触れる。法治国家であり、三権分立であるので、司法の正しい判断を待つこととしたい。それにしても、国民の政治不信の高まりは計り知れないものがあり、残念。

2020年6月

・先月9日、地元紙・両毛新聞休刊(閉刊?)との報道あり。27日に岡部社長の娘さんが同社幹部とともにご来館、この事情を知った。
オヤジに引き続き僕も長年同紙を愛読し、時には寄稿もしたりして親しんできたので、一抹の寂しさは隠せず、残念であることは確か。今月、僕の同紙のスクラップに目を通してみたが、結構のボリュームがあり、改めてビックリ。大学卒業後、足利に帰省した後の僕の“歩み”を思い起こすこともでき、貴重な資料となっている。地方紙は当地域に根付いたものであり、時には中央紙よりも詳細な情報を正しく伝えている面が伺える。

・コロナ自粛の全面解除(6/19)。全国的にコロナ対策と社会経済活動の両立を目指して新たな局面を迎えたが、国内主要観光地の来訪者が急増している模様。僕たちそれぞれが知恵を絞って対処する時代へ。

・河井克行・案里夫妻の逮捕(6/18)。政治・選挙の世界の“現実”が大きく露呈し、多くの国民がショックを受けるとともにウンザリの気持ちだろう。カネに対する人間の醜さ、弱さは未来永劫と続くのだろうか? それにしても国民の政治(家)離れ、選挙離れに一層の拍車がかかってしまうのが残念。

・コロナ第2次補正予算を成立させた国会(6/12)。補正予算としては過去最大だが、あとは有効かつスピーディーに執行してほしい。
「治療薬とワクチンの開発」を国民は等しく望んでいる。国民のための国会。

・コロナに関する国の大型補正予算(第1次)が執行されているが、相変わらず民間等への委託による事務事業が多く、多額な税金を投じて自ら汗をかかないのが官僚という印象で、国民の非難・批判の矛先を直接受けない仕組みとなっている。100年に一度の国家的危機、国難とするならば、全国各地に存在する国の出先機関の国家公務員を総動員して対処すれば、能力・経費の両面で効率がいいと思うのだーが。それにしても緊急対策であるはずの給付金、助成金、支援金、貸付金等事務の推進が遅く、コロナ倒産だけでもすでに300件を数えるほどになっているそうだが、国の政治・行政はもっと緊張感を持ち、中小零細事業者等国民の立場に立って臨んでほしい。

2020年5月

・当館も隣接の松香庵も“コロナ暇”で困ったものだが、僕は先月から取り組んでいた「庭園や庭木の整備」に完全シフト。いわゆる“3密”に当たらず、心身のためにも絶好の日程となり、連日のように庭で作業していることが“イキイキ生活”を実感できて万歳。やがて訪れる「公開、イベント、撮影」への備えにもなるだろう。当館自体もまだまだ当分、“ドラマ”を展開したいと思っている。

・コロナで社会・経済システムが変わる?ビジネスが変わる? コロナ発症直前の経済環境に戻るのにも、2、3年はかかるだろうとの見方が多くの専門家の言。それまで持つか? 中小企業、国民の暮らし。

・テレビ朝日の羽鳥慎一モーニングショー等々数多くの番組に出演している岡田晴恵白鷗大教授。同教授の著書の一つに「なぜ感染症が人類最大の敵か?」があるとのことだが、ここ4か月ほどにわたり僕たちに与えてくれた一連の感染症情報とこの書物の見出しだけでも、その恐ろしさを感じることができる。「治療薬とワクチン」が誕生するまでは気が抜けない人類か。

・物議を醸していた検察庁法改正は見送り?継続審議?廃案? 何と渦中の人・黒川検事長が「3蜜の賭けマージャン問題」で訓告、辞職で唖然とする。法律罰でもなく、多額の退職金もありとのことで、国民の80%がとてもうなずけない―と。総括して「政治も検察も地に落ちてしまった」との声多し。

・4月7日に全国に発出され、期限延長となっていたコロナ緊急事態宣言が5月中旬から順次解除―へ。ツメは東京や大阪の大都市圏の動向か。ただ、すでに今秋以降のコロナ再燃が多くの専門家から予言されており、予断を全く許さないところ。

・今般の新型コロナウイルス対応に関し、我が国の検査能力が「途上国水準」と専門家に評価されて僕はビックリ、ガッカリ。連日、検査機関において防護服がない、マスクがない、マンパワーがない、試薬がない、検査器具がない等々、不足だらけとの報道。安倍総理が検査2万人に拡充すると宣言したにも関わらず微増に留まっているのはどうした事か。国会で「私も厚労省に問合せしているんですがー」との総理答弁にもガッカリ。官僚は政府・総理の部下ですよ、と言いたいーが。