2020年4月

・世界全体に新型コロナウイルスの感染拡大防止対策が及んでおり、PGAゴルフツアーをはじめ国内外の各種スポーツ・文化・芸術等イベントの延期や中止が多く、残念かつ憂鬱な日々が続く。この際、「三密(密接、密閉、密集)」を考慮すると庭木の手入れが一番かと、新緑で清々しい庭園にて多くの時間を過ごす。どうやら「緊急事態宣言」は延期する方向となった。(4/30)

・コロナ対策において、我が国のPCR等検査能力が決して高くないことが明らかになってきて残念。また、この補正予算が国会で成立し執行されるが、果たして十分かどうかが疑問だ。国は国民の立場に立ち、まず目一杯予算を投じ、医療や経済などで困窮する国民を救うべきではないか。まさに政治的に大胆な決断が必要な時だと思う。敗戦以来の国家的危機、国難とするならば―。

・第二次世界大戦敗戦後、廃墟の日本はGHQの指導もあり、農地改革とともに一定以上の資産家に対して「財産税」を課した。国土再建のための一方策でもあったようだ。この財産税法の施行は敗戦翌年の1946年(昭和21年)11月1日で、僕の誕生日だった。ちなみに我が家は、総資産の70%近くに当たる国税を多くの宅地や山林を売却して一括納税し、いわゆる資産家ではなくなった。

・テレビは連日、朝から晩までコロナ、コロナと報道。僕も関心は極めて高く、各チャンネルを回しては情報キャッチに努めている。このウイルス問題の閉じ方によっては、僕らの社会・経済環境が大きく変化してしまうのではないかと危惧。とにかく医療、経済、教育、文化、芸術、スポーツ等々、崩壊があってはならないと祈念。

2020年3月

・大相撲の東関脇朝乃山が大関昇進へ(3/25)。朝乃山は史上初の無観客開催だった先の春場所で11勝4敗の成績を残した。僕も連日のように声援を送っていたので、嬉しい。大関朝乃山の口上は「愛、正義、一生懸命」と発したが、一流政治家を自認する人たちもこの言葉をぜひ肝に銘じてほしい。

・東京五輪2020が新型コロナウイルスのパンデミックにより1年程度、延期となった(3/24)。我が国としても国際的にも止むを得ない状況下での判断は正しい。来年こそ、東京五輪・パラリンピックをぜひ観戦したいもの。

・先の森友問題再燃かー? 自殺した財務省近畿財務局の男性職員赤木俊夫さんの妻が国などに損害賠償を求め提訴した。これを受けて国会で野党が安倍総理などに「再調査」を要求したが「再調査しない」―と。調査を受ける立場の者が調査しないと回答するのは、おかしな国・日本になってしまうのかな?

・2万2167人が犠牲となった東日本大震災から9年が経過した(3/11)。津波や東電福島第1原発事故による避難者は依然4万7737人に上る。住民の帰還の動きは鈍く、生活再建も道半ばとのこと。この事故・被害を風化させてはいけないとの多くの声に僕も共感。

・この大震災直後の4月、僕は4度目の市議選をしくじった。元市長に不信感を抱いて遠ざかり、また、近隣から若手複数の立候補があり、さらに街なかの人口・有権者の減少は著しく、危ない選挙を自覚しての戦いだった。ただ、満65歳を迎えようとしていた時のこの「転換」は、我が人生においてはプラスに作用できたと思っている。爾来、政治的中立や社会的公平を基本スタンスとし、自身の原点である森林整備5か年計画を立てて実行、また、当館(古民家)活用などを本格化させて自由に心身を集中させることができている。50歳(市職員の時)のライフプランが73歳の今、結果的におおむね予定通りなのが面白い。「バッジなんか付けなくても社会に貢献することはいくらでもある」と、オヤジの生前の言葉は正しく、今がまずまずならば過去もすべて良き思い出になるものだなと、つくづく思っているところ。

・地元のシネマにて映画「グッドバイ」を夫婦で観賞してきた(3/2)。実は我が記念館での撮影シーンが結構あるはずなので、独特の雰囲気を抱いて臨んだものだった。太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」をスクリューボールコメディとして戯曲化された作品だが、大泉洋&小池栄子主演のほか、松重豊、木村多江なども見事に演じており、久しぶりに面白い作品との出会いでもあった。あの時、監督(成島出)や著名俳優と交わした会話などを思い起こしたりして、僕だけの楽しい時間にもなった。

・東京マラソンで2時間05分29秒の日本新記録を樹立して東京五輪代表を勝ち取った大迫傑選手(3/1)はアッパレ。早稲田の後輩である。僕はテレビで最初から最後まで観戦していたが、実にドラマチックなレース展開となって感動。だが、世界は強豪揃いとのことで「五輪でメダル争いするには難しい」との声が多いらしく、あと一歩の前進へフレーフレー大迫!

2020年2月

・地元のD・M氏が「鑁阿寺周辺コスプレイベント」を打ち出したので、その公募内容を把握。当館は、過去に他団体が主催した同様のイベント(のようなもの)において、迷惑を被り苦い経験をしているので、慎重に実施してほしいと要望したが、同氏のコスプレ、歴史文化ゾーン、社会活動などへの理解度があまりにも乏しく、また、コンプライアンスについても全く認識がなく、がっかり。こういう人が市民活動の場に参画することは、決して好ましくない。(2/29)

・新型コロナウイルスの感染拡大の防止に向け、総理の決断で全国の小中高校が臨時休校へ。多分、国会や専門家会議などでの議論とシミュレーションの不足により、国民末端においては賛否両論、新たな混乱状態に陥ることが必至。今月、当ゲストハウス松香庵においても、家族や北海道からの来庵予定者がキャンセルとなり、影響が出ている。(2/29)

・新型コロナウィルス報道が連日、朝から晩まで続く。人の命にも関わる問題であり当然、国民の関心度は極めて高い。クルーズ船において端を発したが、今や国内流行の恐れにまで進行しており、特に検査と医療体制の充実を求めたいもの。(2/17)

・(社)全国古民家再生協会顧問で総務省の地域力創造アドバイザーを務めるI氏ら3名が来館(2/14)、古民家再生のあるべき姿や当館の将来について情報・意見交換。僕のスタンスは「自身のため、まちのため」であり、一貫して変わらない。

・国会の予算委員会では「桜を見る会」の疑惑について、野党の追及がなお続いている。政府側に「隠蔽とウソ」のムードが相変わらず漂っていて見苦しい。異常な国会の解決策は総理自身にありそうだ。

2020年1月

 新年あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願い申し上げます。

 「年齢が進むと1年経つのが早い」とよく耳にしますが、これをまさに実感している今日この頃です。本来、スロータイプの僕ですので焦らず、臆せず、「気力・体力・前進」を念頭に置いて歩んでいこうと思っているところです。ゆっくり、深く生きてみよう―と。

 特に本城1丁目の所有林においては、「NPO法人まつむら森林倶楽部」の活動を本格化させます。

 今年も松村記念館及び松香庵をよろしくお願いいたします。

・連日の国会中継。桜を見る会・IR・公選法違反関係などの疑惑論議が相変わらず続く。疑惑に対しては、総理を見習って隠蔽とウソを貫き、説明責任を果たさないことが政府・与党側の方針のように映ってしまっており、何とも滑稽な天下の国会議員と官僚。かつて、ハマコーさんがラスベガス問題で衆議院議員を潔く辞職し、次の選挙で返り咲いたことを思い出す。再起はできるのーに。

・1月のビッグニュースは、何と言っても大相撲初場所で20年ぶりの幕尻優勝を果たした徳勝龍の快挙。14勝1敗だが、千秋楽結びの一番で大関貴景勝を堂々の戦いぶりで破ったのも立派。ここ数年来、僕は大相撲ファンとなっているが、この優勝インタビュー、父母の声、今場所中に急逝した近畿大時代の恩師の事などにより、僕ももらい泣きしてしまったほどに感激した。先場所まで三賞の経験もなかった苦労人の快進撃は、多くの相撲ファンに驚きを呼んだろう。「自分より下はいない。自分は弱いので、一生懸命やることしかできない」との言。また、勝ち越した、小柄な炎鵬の技もあっぱれだった。ルールを踏まえて1対1で力一杯ぶつかり合う相撲は面白い。

2019年12月

・災害不安、高齢不安、政治不安・・・・・・等々、日本列島は不安だらけか。
12月は例年通り庭の清掃(庭木の手入れ含む)に力が入る月で、特に下旬の松村造園グループとのジョイント日程は、総仕上げとなって爽快だ。建物内の清掃などは主に家内が取り組んでくれる。今年も健康を保ち年を越せそう。(12/30)

・フィギュアスケートの全日本選手権で羽生結弦は敗れて2位だった。先のイタリア・トリノでのGPファイナルでもネーサン・チェンに40点以上の差をつけられて2位-―と、今や追われる立場にある羽生なりの苦悩は計り知れない。

・東京五輪卓球のシングルス代表に男子は張本、丹羽、女子は伊藤、石川で確定。これに各々1名が団体戦で加わってくる。特に張本と伊藤は中国と互角の戦いができるまでに成長しているが、あと一歩というところか。頑張れ!

・アフガニスタンで人道支援に取り組んでいた中村哲医師が12月4日、現地を移動中に計画的グループに銃撃され、死亡した。「医療だけでは彼らを救えない」と、井戸を掘って肥沃な土壌づくりの先頭に立つなど、国際舞台で幅広く活動していた偉人・中村哲氏。アフガンや日本だけでなく、世界中からその死が惜しまれている。それにしても善人に対する銃撃とは残酷極まりない行為。

・当館の貸店舗(旧外蔵の増改築型)のテナントが急きょ撤退となった。夫婦二人三脚の飲食店だったが、その妻が交通事故を被り、急逝してしまったことによる。「清掃」が嫌いな夫婦だったが、撤退の際、僕は苦言を一切口にしないようにした。場所柄、空き店舗のままではまずく、12月に入り新たなテナント募集に着手。