2019年8月

・ほぼ毎日の早朝3時間程度の庭木剪定と庭掃除の進行がまずまず。日中の猛暑の中ではやめた方がいい―と自己判断。庭木も生き物だから風通し良く、また、スタイルも良くしてやった方が喜ぶだろうと思いつつ集中。汗びっしょり、事後のシャワーで心身爽快!目標の「今月中」は何とか達成か。

・減塩しすぎると返って体調を崩す(27日のテレビ朝日、林修の講座より)―と。何でもほどほどに―かな。

・甲子園球場での全国高校野球選手権大会は22日(木)、決勝戦が行われ、履正社(大阪)が星稜(石川)を5-3で破り初優勝を飾った。どちらが勝っても称賛に値する好ゲームだった。春の選抜で星稜に完敗していた、履正社監督の「(相手投手)奥川君に(我がチームを)大きくしてもらった」の言葉が印象に残る。大会全般にわたり、高校生らしいすばらしい試合が数多くあり、興奮の連日だった。プロ野球はあまり見ない僕だが、なぜか毎年、甲子園大会は“ドラマ”のように映る。

・初代宮内庁長官を務めた、故田島道治氏が昭和天皇との詳細なやり取りを記録した「拝謁(はいえつ)記」(手帳やノート18冊)が公開された(8/19)。昭和天皇、吉田首相それぞれの「見識」を改めて知れて良かった。それにしても「拝謁(はいえつ)記」は極めて貴重な資料であり、これを残した田島さんとは凄い方。こういう方が本当に“偉い人”なんだろう。

・終戦記念日の15日(木)夜のNHKスペシャルは、全貌「二・二六事件」。実はこの一部の撮影が当館で行われた。近代日本最大の軍事クーデターだが、新たな資料が発見されたことにより、この再現ドラマが企画されたらしい。当館では“大物”複数の暗殺シーンが撮られたが、時の大蔵大臣(元総理大臣)・高橋是清―も。高橋是清の直筆の書が残る当館での撮影とは何とも“奇遇-”と、僕は密かにほほ笑んでいた。我が家は大正期に原敬、高橋是清を支えた「横田千之助」とは深い関係があるんですぞーと。

・土曜日の夜になると寅さん(6時30分~、BSテレ東)。僕は映画館では一度も観賞しなかった寅さんだが、この頃は毎週のように楽しんでいる。山田洋次監督・脚本の傑作と言え、渥美清など名優をフルに活かした人情劇である。

・大田原市森林組合の須藤前組合長(74歳)が農林水産大臣賞を受賞したと報道あり(8/10下野新聞)。組合長当時、約1300人の組合員の所有林を、「自分の山のように責任を持って」定期的に訪れ、管理法や経営を指導してきたとの事でご立派。そう、「組合は本来、まず組合員のため」であったはずなんだが、当地域のみかも森林組合は、組合員の山がどこにあるのか分からなくなってしまっており、その上、不正疑惑問題まで抱えるほど堕落してしまっているのは、どうした事かと首を傾げる。

・女子ゴルフの渋野日向子(20歳)が今季メジャー最終戦、AIG全英女子オープンで優勝した(8/4)。日本勢のメジャー勝利は、樋口久子以来42年ぶりの快挙だが、何とメジャー制覇を初挑戦、しかも初めての海外試合で達成してしまった。「何で私が優勝しちゃったんだろう」と、プロゴルファーになってまだ1年の“新星”は素直に笑顔で表現。

2019年7月

・韓国(光州)での水泳世界選手権大会。瀬戸大也が競泳男子200㍍個人メドレーと競泳男子400㍍個人メドレーの2種目において金メダルを獲得し、両種目の東京五輪代表入り。瀬戸は今大会では200㍍バタフライの銀を含め三つのメダルだが、いずれのレースも底力を発揮し、根性のレース展開に僕の涙腺は緩み、感激!日頃の精進に感服!(7/28)

・当館に隣接する通2丁目の旧足利館ビル(現在は社会福祉法人・善隣学園所有)一階の「アートスペース&カフェ」オープンパーティーに出席した(7/27)。代表の岩本圭司さんご夫妻は、芸大出身のアート作家であり、当館と関わりの深いCON展出品者だが、今般、ご家族で足利に移住して同店を開いたもの。僕は以前から、市街地の古民家や空き店舗等にアート作家を誘致できないものかと口にしてきたので、何とも嬉しい気持ちで歓迎。この日、多くのアート関係者との歓談も楽しいひと時となったが、今後、街なかの“交流拠点”になっていってくれたら―と、心から願う者。アート観賞のみでもOK、軽食・ドリンク類のみでもOKとのこと。

・今月、足利・佐野・栃木エリアで構成する県南林業振興協会、及び足利市林業振興会の通常総会が開かれた。僕は県南では副会長、足利では会長の立場にある。僕が昨年、主な所有山林を東証一部上場企業グループにバトンタッチした経過と趣旨の概要を説明した。今後は残した山林を「森林愛好家」(環境林、教育林、健康林)として、できる限りブラッシュアップしていきたいともスピーチ。

・毎年この時期になると庭木の手入れに没頭する。雨天でも貸し切り日でもない限りほぼ毎日のように。公開・イベントスペース・撮影スタジオとして活用願っている当館なので、館内とともに庭園もそこそこの環境に保っておく必要がある。毎年12月のプロによる赤松など高木を中心とした剪定は重要だが、当館の維持管理・運営費節減のためにもモミジ、モッコク、低木など脚立で可能な手入れは自身の手で行っているもの。本来、「木」が好きな僕は、体力・健康づくりや気分転換にもなるとプラス思考をもって。ある日の油断大敵、ドウダンツツジの中から出てきたハチに右手を刺された。

2019年6月

・今月は僕がお世話になった先輩、3名の方の葬儀が重なった月。山﨑清さんは若き市役所時代の約10年間、スポーツ行政と国体業務において“山﨑・松村の二人三脚”と評された関係。市消防長を務めた(5/28逝去)。亀山敏彦さんは同じ町内・大門通の産婦人科医師で、僕が市議時代の後援会長を務めてくれた関係(6/3逝去)。そして新里元二さんは近所の税理士として45年ほどお世話になり、また、まちづくりを熱く語り合う関係にもあった(6/8逝去)。心を込めて合掌。

・当館で6度目の現代アート・CON展は、6日(木)~9日(日)まで開かれた。5日(水)に会場設営。一階では韓国のチョン・ギョンシュクさんはじめ栗原くみこさん、三上愛さん、内蔵(三層)では河瀬和世さん、二階(全室)では金子清美さんの作品が展示され、盛況だった。今回は特に「紙」をテーマとして韓紙、和紙の作品が中心となり、古民家にマッチした独特の雰囲気を醸し出してくれていた。2013年11月、当館で産声を上げたCON展だが、年を重ねるごとに発展し、アート関係者の輪が広がりを見せているとともに、街なか回遊型イベントとしても貢献できているようで、僕は心から喜んでいる。

2019年5月

・中央地区まちづくり会議総会が27日(月)に開かれた。当地区は大日西地区とともに面的整備(区画整理)事業が約10年間、行政の都合で休止状態となり、数年前に再開された前代未聞の所。20年ほど前、「市民と行政の協働のまちづくり」を掲げて地元説明会に乗り出した、当時の行政やその後の経過を冷静に振り返ってみたが、やはり市長の判断・洞察力等、トップの力量の無さが市民を混迷させてしまうものとつくづく。「行政の継続性」を思うにせめて、行政はこの10年間で市民・地権者に与えた損害を償うような、誠意ある事業の推進に努めるべきではないだろうか。

・当館で4度目の「はなうつわ」が25日(土)と26日(日)に開かれた。準備は24日、片付けは27日だった。古民家+はないけ+うつわ+街歩きで、空間インスタレーション作品を巡る、当館で産声を上げてくれたアートイベントである。「職人たちの美しい技の残る古民家と次の時代を担うはないけ・うつわ作家のコラボレーション。はなとうつわの新しい楽しみ方や表現をぜひ、五感でお楽しみください」と、主催者は唱っていた。当館の一階では、はな作家が上野雄次さん、うつわ作家が小野澤弘一さん、二階では、はな作家が曽我部翔さん、うつわ作家が富田啓之さんだったが、いずれも人々に驚きを与えるほどの繊細さとスケールを感じさせる作品展だった。有料でも入場制限するほどの盛況ぶりで僕もびっくり。

・全米プロゴルフ選手権。ブルックス・ケプカが雄叫(おたけ)びを上げ、拳を振り下ろした。「全米プロ」史上5人目の完全優勝を成し遂げた。「人生で一番興奮した。最高だ」―と。最近の彼の「心・技・体」は圧巻。松山英樹は16位だった。

・当館で2度目の「平岩順子テキスタイル展」が8日(水)~11日(土)まで開かれた。大正から昭和初期にかけておしゃれな普段着として人気を集めた着物「足利銘仙」を家業とする家に生まれた、テキスタイルデザイナーの平岩順子さん。市内伊勢町の実家にアトリエ「JUNKO テキスタイル」を構え、祖父の残した「銘仙帳」をもとにデザインしたバッグや布小物「足利銘仙クラシココレクション」の製作を精力的に行っている人。まちの歴史や文化に関心を持ってもらえたらと、ここにも情熱家あり。

2019年4月

・世界卓球2019ハンガリー(ブダペスト)が終了。女子ダブルスで伊藤・早田組が銀メダル、橋本・佐藤組が銅メダル、混合ダブルスで吉村・石川組が銀メダルだった。女子ダブルス準決勝は、日本人ペアの同士打ちとなったが、好ゲームを展開した橋本・佐藤組に僕は“敢闘賞”と口にした。注目のシングルスは、男女とも期待に反しほぼ全滅で、やはり“中国の壁”は厚かった。韓国も躍進。日本は男女とも強くはなっているが、中国は相変わらず手ごわいですぞ!

・パリ中心部の世界文化遺産・ノートルダム寺院が大火災、高さ90メートルの尖塔が焼け落ちた(日本時間16日)。僕もかつてヨーロッパを旅した際に訪れた、思い出の場所の一つ。12~13世紀に200年近くかけて築造された、カトリック教会の聖堂でパリが誇るゴシック建築の代表。極めて残念としか言いようがないーが。

・昨年来、ゴルフのタイガー・ウッズが復活傾向にあったが、ついにメジャー第一戦のマスターズ・トーナメントで5度目の大会制覇を果たした。ゴルフ、体調、私生活など困難を極めたが、まさにどん底から抜け出し、再びヒーローとして戻ってきた感で、ベストの“ドラマ”に映った。逆転優勝であり、観衆すべてを魅了したと思うが、上位陣にはジョンソン、シャウフェレ、ケプカ、デー、シンプソン、モリナリ、ファウラー等々そうそうたるメンバー。ただ、松山英樹など日本勢が振るわなかったことは残念でならない。(4/15)

・14日(日)の足利学校門前マルシェ。当館では「民藝の茶会と展示」が開かれ、盛況だった。一階の奥座敷では、川島宗鳴氏による6名の予約制茶会を5回行い、生菓子、干菓子、薄茶。一階の床の間と表庭では、抹茶ミルクなどソフトドリンクとベトナムぜんざいなど甘味。二階の床の間(二部屋)では、茂呂クラフト(茂呂裕司氏)の民藝の品々の展示・販売―と。このイベントも古民家活用にふさわしい行事となり、感謝。

・この頃、街なかを回遊する日が増加している。従来は主に足利学校・鑁阿寺周辺や渡良瀬運動公園の散歩だったが、街なかの中心・東・西・南・北部の建物密集エリアや神社・仏閣等を巡りながらの散策も楽しいもの。新しい発見も多い。特に老朽建物の解体現場が増える傾向にあり、立ち止まって見聞。“衰退”が叫ばれて久しい街なかだが、10年、20年後には新しいスタイルの街並みに変わっているだろう。

・毎年4月の足利市役所人事異動。「まちは人で決まる」が僕の持論だが、この視点で新しい幹部人事を分析。僕が人事課で職員研修責任者の時の中堅・新採職員が部長、課長などで活躍。年功序列システムの弊害もあり、かつてはいい加減な人も随分幹部に就いたものだが、今や質的には向上。特にまちの魅力アップや活性化に関わる事務事業には、「勇気」と「実行力」を有する人材登用が必要。

・オヤジが生前、晩酌の際、助役時代の経験などを時々口にしていたが、当時の幹部職員の話を思い出す。「町田は利口者、岩本は切れ者」―と。歌舞伎が好きだったオヤジらしい表現。その後、町田さんは助役を経て市長、岩本さんは助役と、市政の重責を担った。僕はこの方々に仕えたことがありタイプは異なるのだが、共通点として、ずば抜けた「勇猛心」と「緻密にして豪胆」なリーダーシップを備えていた。市勢進展の一つの要因か。