2017年8月

・全米プロゴルフ選手権が今日(14日早朝、日本時間)、終わった。松山英樹はメジャー初Vを目指して4日間、予想通り優勝戦線に位置して奮闘したが、最後に力が尽きてしまったようだ。インタビューで彼の見せた涙の顔が印象的だった。私も悔しいー。勝負は紙一重、近々のまたの機会に期待しよう。それにしても彼が世界のステージでいつもトップ層にあって活躍する堂々の姿は、実にすばらしい。(8/14)
・人って、誰であれいつでも何がしか心配事・悩み事・苦痛などを抱えているようだ。それでも笑顔をつくり、元気に日々を過ごしている人は多い。苦境下にあっても挫けず幸せを築いていけるのも人間力だと思う。私自身もこの例外ではなく、いくつになってもチャレンジ精神やプラス思考の言動を持続できるようにしたいもの。
・この1・2か月間、例年以上に庭木の手入れと庭掃除に身が入った。しかも主に早朝の時間帯を利用し、日中の暑さをできるだけ避けたものだった。作業能率や体力消耗の面、また、防虫・除草対策も従来より改善できたように思う。当館は公開・イベントスペース・撮影スタジオとして活用しているので、ある程度の庭園環境も整えておかなければならない。より快適性を求めて。自身のため、街(まち)のため―と。
・米オハイオ州アクロンのファイアストーンCCでの男子ゴルフ世界選手権シリーズ、ブリジストン招待。松山英樹が見事に逆転勝利を飾った。世界トップの実力を随所に見せて、米ツアー通算5勝目。メジャー初Vも近づいているかもしれない。まず近々、全米プロ選手権が行われるのでワクワク。(8/8)
・安倍首相は内閣改造を行い、新たな閣僚を誕生させた。心機一転の巻き返しを狙ったと思われるが、果たしてどうだろう。森友学園・加計学園問題、また、自民党政治家のスキャンダル等が続き国民の心中は穏やかではない。これら問題の本質が安倍首相をはじめ関係閣僚・官僚を含めた政府側にあることをしかと認識してほしい。安倍政権への国民不信を解消するためなぜ、安倍首相は強力なリーダーシップを発揮して「指示」をしないのだろうか。国も地方も行政情報の公開を進展させて久しいのだが、模範であるべき政府関係のそれが最も遅れていて、隠蔽を疑う余地がないのは残念。(8/6)
・ロンドン競技場での世界陸上100m走でウサイン・ボルト(ジャマイカ)が敗れた。この種目で最多の4度目の優勝は成らず“ボルト劇場”は終わった。それにしても超人的な彼は我々凡人に対して夢と希望の灯を与えてくれたが、これにはひたすら感謝、感謝!